僕がベトナムに投資する理由

ベトナム株式、不動産、ビジネスへ育てる視点の長期投資とベトナム在住情報

ベトナム投資のすすめ

今でしょ!ベトナム投資のすすめ

投稿日:2015年2月25日 更新日:

今でしょ

 

このブログをはじめたのは、ちょうど2015年のテト正月休み。

これまで5年以上ベトナムで住んできて、この国のかたちについていろいろな面が多角的に見えるようになってきました。すでに人生の15%程度をベトナムに投資しているわけですから、金銭的にもしっかりと投資したほうが良い、そのポテンシャルがある、と判断し実行に移しています。しかし、国内は発展、発展と浮き足だっている感じもあります。

そこで自分の目でみたベトナムが良い方向に発展する情報を、僕と同じようにベトナムへ投資しようと考えている方々へ発信し、長い目でベトナムの良い方向への発展をサポートしていくことが、ひとつのよい貢献になるのではないかと思ったのです。しかも、ベトナム。素で面白いですから。(まだ面白さを発見できてない方は、「ベトナムすごいブログその1」を参照ください)

 

今でしょ!日本ではベトナム株取り扱い証券会社が増え、ベトナムでは現地証券口座の開設に無犯罪証明書の提出が必要なくなった!

日本ではSBI証券をはじめとして、多くの証券会社がベトナム株式の取り扱いをはじめました。

またベトナム在住後、こちらで何度もベトナム株式口座を開こうとしたときに挫折した原因が無犯罪証明書の提出義務でした。すでにベトナムの労働許可証をとるときに無犯罪証明書をとっているので、過去に犯罪したというわけではないのですが、在ベトナム日本大使館で申請すると3ヶ月かかるし、日本の警視庁にまた取りにいっても1週間かかるし、と、なかなか手間なもので、開設に二の足を踏んでいたわけです。また、口座の開設はひとつの証券会社でしかできないという規定もありました。

ところが、昨年、とうとう無犯罪証明書の提出義務がなくなり、証券口座も複数持てるようになりました。外国人にはうれしい規制緩和です。そこで、さっそく証券口座開設の手続きをしています。

 

ベトナムの知名度は世界でAクラスのポテンシャル

「ベトナムは成長しますか?」と人に聞けば、ベトナム国内だけでなく、日本も含めた多くの地域で100人中100人近くの人がYES!と答えることでしょう。交通インフラの整備もこれから、建物も流通も文化もすべてがこれからですし、国民の平均年齢が27歳とも言われるベトナムは非常に経済成長のポテンシャルが高いと誰もが思っています。

長い戦争・占領時代を終え、アメリカという大国に勝利し、独立を勝ち取ったベトナム。今でも国民がベトナムを誇りに思い、ベトナム人であることに胸を張っていること。この非常に強いアイデンティティは世界でもまれに見るほどで、世界でも知名度はAクラス。発展する前から、ベトナムはひとつのブランドとして非常に強い基礎を確立しています。しかも、先人の努力のたまものでもある悲惨な過去は、先進国の反戦運動世代を中心にベトナムをサポートしたいとい気持ちを集めることに一役買っています。

 

日本との連携がアジアの均衡を保つ

一方で「日本は成長しますか?」と聞いてみたとしたら、何人の人がYES!と答えてくれるでしょうか?人生は短い。投資を考えだしてからの30-40年である程度の利益がほしいと考えるならば、利回りが雀の涙の日本国債に投資する、なんて選択肢にはならないと思います。しかし、成長するだろうというだけで見ず知らずの他国に投資する気にもならないと思います。そこで、親日的なパートナー、ベトナムの出番です。

過去、中国に占領されていた時期の長いベトナムは、中国に対して非常に距離を置いています。東南アジアで地理的に非常に重要な位置にあるベトナム。ベトナムが健全に発展していけば東南アジアの平和は保たれるといっても過言ではありません。

ベトナムという親日的な国に投資し発展を助けることが、ひいては日本の、東南アジアの、そして世界の平和を守る一助となるのであれば、わたしたちの投資の意味が一段と意味のあるものになるのではないでしょうか?

 

発展途上国が陥りがちな拝金主義に走らないように、価値ある会社・産業を見極め投資する。そのために、できるだけの情報を集めていけたらと思っています。経済的な情報、投資環境のノウハウだけでなく、ベトナムの魅力の根源である人、食べ物、文化についても発信し、親ベトナム派の投資家を増やしていければ、このブログも価値あるものになるかもしれません。

 

いうなれば、勝手にベトナム応援団長を承りますという感じでしょうか。

皆さん、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

<すごいふるさと納税みつけました。>
みなさん、ふるさと納税やっていますか?
納めなきゃならない税金で、返礼品がプレゼントされるなんて、素晴らしい制度ですよね。
でも、一番インパクトあるびっくりする返礼品ってなんでしょう?
僕越的なおどろきとふるさと納税のアイデアをこちらの記事で書きました。

【ふるさと納税】おどろきの返礼品。牛一頭もらうための納税額は?

さて、いくらでしょうか?
お正月の話のねたにどうぞ!


<海外でホテルを予約するなら>
僕越は、普段は Agoda の画面が操作しやすいのでよく使っています。
そのほかのホテル予約サイトのおすすめとしては、まず エクスペディア!評価やコメントなど情報が充実していて旅行情報なども手に入れやすいです。 Hotels.comはビジネスでも使いやすく出張者の間で人気でおすすめです。

-ベトナム投資のすすめ
-, , , , , , , ,

執筆者:


  1. […] し、親ベトナム派の投資家を増やしてい”こうというコンセプトのもとに運営されており(参考)、記事ジャンルは思いのほか多彩。「現地生活の豆知識」的な内容も少なくありません […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

富裕層になるとはこういうことか。中田敦彦のyoutube大学【マネーマシンの作り方】を視聴して。

最近、コロナがやっと気楽に思えてきたのか心のゆとりが出てきて、自分の成長に時間を使おうと思えるようになってきました。 そんなときに、あっちゃん(中田敦彦さん)のyoutube大学で富裕層へのなり方への …

ベトナム株を取り扱っている日本の証券会社

ベトナム株を取り扱っている日本の証券会社はそれほど多くありません。ざっくりと紹介したいと思います。 (1)取り扱い銘柄数(2)売買手数料(3)最低売買手数料(4)通貨対応方法(5)口座管理料の有無(6 …

つもり貯金ではじめるリスクゼロのベトナム株投資

物価の安いベトナム。ものによっては日本の10分の1程度にも感じます。ですが、外国人として住んでいるとそんなに安く感じません。その理由としていろいろなものが高くつくということがあります。 ドローカル店以 …

ベトナム株に興味をもったら(3) クレジットカード払いを見直してノーリスクで原資を作る

クレジットカードの月払いを見直して、簡単にノーリスクで株式投資の種銭を作り出す方法について。意外と儲かります。

ベトナム株に興味をもったら(1) まず情報収集

ベトナム株に興味をもったら、まずベトナムについて知ろうということで、情報収集に有益なサイトを集めました。




何かと日本語情報の少ないベトナム現地事情について知りたい方はこちら
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

ハノイについて知りたいならこちら
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ

ベトナム株についての最新情報を知りたい方はこちら
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
ベトナム株取り扱い証券会社


ベトナム株ETF取り扱い証券会社


楽天証券で取引すると楽天ポイントがたまるので楽天ユーザーは要チェックです。