僕がベトナムに投資する理由

ベトナム株式、不動産、ビジネスへ育てる視点の長期投資とベトナム在住情報

ベトナム投資のすすめ 投資先選定 銀行株

初めてベトナム株で配当をもらって考えたこと

投稿日:2015年5月23日 更新日:

4月にベトナム株口座ができてから1ヶ月強。ベトナム株式という慣れない株を楽しみながらも、まずは慣れることを念頭にいくつかの株を少しずつ買いました。初心者であるからこそ経験しながらよい株を選んでいこうという投資の視点です。まぁ、もともと投資できる予算は少ないのですけど。

 

そしてBIDVからの初配当

2015年5月22日(金)、はじめての配当がBIDV(BID, ベトナム投資開発銀行)から支払われました。一株あたり1,040ドン(5.8円相当)、僕越が権利落ち日に持っていた株に対応した配当金が証券口座に振り込まれました。

平均の購入単価が一株18,500ドンだったのでこれは、利回りで言うと5.6%相当です。VNindexがそろそろ底を叩きそうだというニュース証券の5月15日のレポートと、株は月曜の午後に買えというアノマリー(経験としてよくあたる格言)をもとに、5月18日(月)の午後、VNインデックスがほぼ底に落ちたときに買い増しすることができましたので、今はさらに平均購入単価がさがり株式のほうもプラスになっています。

 

配当の支払いは株式口座に(VNダイレクト証券)

事前に、使っているローカルの証券会社には、配当が支払われる口座が証券口座か振込みに使うCCA口座かを聞いていました。担当者からは証券口座のほうに入るという情報を得ていましたので、予定通りに入ったときには、よしっ!とガッツポーズ。

もし、銀行のCCA口座に振り込まれるとしたら再度、振り替えを行ったりしなくてはならず手続きが面倒くさいですし手数料がかかります。証券口座への振込みなら将来日本に帰国することになったとしても、いただいた配当を手続きすることなくネットからベトナム株購入の原資に使うことができるので便利ですね。

 

大型株か、中・小型株か

現在のBIDVでは1年定期預金の利回りが6.5%です。今回の配当は5.6%ですから定期預金よりは利率が低いです。これほど大規模の銀行株が1年や2年で10倍になることは考えられませんから、原資が少ないのであればほかの作戦が必要かもしれません。無償増資や有償増資の可能性に期待して最低限だけ確保したら、より発展余地のある中・小型株もしくはIPOが終わったばかりの新規株に狙いを定めたほうがよいのかもしれません。

もし数百万円からの資金があればエネルギー、建設、不動産などのインフラを支える大企業や3大国営銀行などは魅力的な可能性のある投資先であると思います。ベトナムの発展に投資しているようなものですからベトナムの成長率程度の還元は固いでしょう。しかし、僕越の持っている資金は非常に限られています。ですから、年に数パーセントだけでなく、大きく跳ねる銘柄にかけてみるべきではないのかと思っています。

 

フィリップ・フィッシャー的視点をもって投資株を探す

伝説の投資家、ウォーレン・バフェットの師匠のひとり、フィリップ・フィッシャーは「成長株投資の巨匠」または「割安株投資の巨匠」とよばれています。ベトナム株はPER(株価収益率)が12倍程度と低くまだ割安といわれています。その間に中小型株の中から株式投資信託や各投資ファンドがまだ注目できていない成長株に注目し、適切に投資できれば、すばらしい成果が得られるであろうとことが予想できます。

フィッシャーは「5人の生涯の伴侶(奥さん、旦那さん)を選べ」と株について語っているそうです。生涯つきあうことのできる魅力的な女性や男性のような会社を選びなさい、ということのようです。インドネシアなどのイスラム教の国が許している奥さんの数は3人ですから、それよりは多いですが片手で数えられます。

生涯寄り添うことのできる、よりよい成長企業を選ぶことを念頭にこれからフィッシャーの投資方法について学んでいきます。

 

はじめてのベトナムの大銀行からの配当をありがたくいただきながら、今後の投資方針について再考することができました。また考えがまとまりましたら公開します。お楽しみに。

 

<追記>

このエントリーを呼んだベトナム株初心者の方から質問をいただきました。ベトナム株式に興味を持った株初心者の方へのアドバイスとして公開いたしましたので、あわせてご覧ください。

 

 

<すごいふるさと納税みつけました。>
みなさん、ふるさと納税やっていますか?
納めなきゃならない税金で、返礼品がプレゼントされるなんて、素晴らしい制度ですよね。
でも、一番インパクトあるびっくりする返礼品ってなんでしょう?
僕越的なおどろきとふるさと納税のアイデアをこちらの記事で書きました。

【ふるさと納税】おどろきの返礼品。牛一頭もらうための納税額は?

さて、いくらでしょうか?
お正月の話のねたにどうぞ!


<海外でホテルを予約するなら>
僕越は、普段は Agoda の画面が操作しやすいのでよく使っています。
そのほかのホテル予約サイトのおすすめとしては、まず エクスペディア!評価やコメントなど情報が充実していて旅行情報なども手に入れやすいです。 Hotels.comはビジネスでも使いやすく出張者の間で人気でおすすめです。


<ベトナム株を日本ではじめるならSBI証券>
僕越が15年以上の間、メインの証券口座としてつかっているのがSBI証券 とても使いやすい上に、投資信託も500円から積み立て購入できる小回りの効く証券口座です。ベトナム株やFXも取り扱っており、投資初心者に自信をもってすすめられる口座です。

-ベトナム投資のすすめ, 投資先選定, 銀行株
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


  1. たけし より:

    はじめまして。日本人のフツーの会社員です。ただ、毎年ダナンにいきます。毎年ホテルやデパートができ、成長著しいです。日本にいてベトナム株は、買えますか?
    また、ベトナム人の友達であれば、買えますか?

    • 僕越 より:

      たけしさん>

      コメントありがとうございます。
      日本にいてベトナム株を買うには二通りの方法があると思います。

      ひとつは、日本の証券会社に取り扱い口座を開設することです。
      SBI証券、ニュース証券、日本アジア証券などいくつかの証券会社がベトナム株を取り扱っています。
      この場合、すべて日本語で手続きできるので簡便ですが、最低取り扱い手数料が高いので、
      ある程度の資金があり、またベトナムに行く時間がない場合にお勧めです。
      初期投資50-100万円くらいから、でしょうか。

      もうひとつの方法は、ベトナムの証券口座に取り扱い口座をオープンすることです。
      口座を作ってしまえば、売買はインターネットで取引できますから、ベトナムに行く必要はありません。
      ただ、外国人が株式取引用に開設をしなくてはならないCCA口座というのをローカル銀行で開設して、その口座経由で証券会社にお金を送金、出金する必要があります。
      そのCCA口座が日本から証券口座への入金や証券口座からの入金を日本へ送金する手続きをオンラインでできるのかは、僕越では情報がありません。

      いくつかのローカルの証券口座が日本語問い合わせ口座を設けていますので、
      一度問い合わせされてはいかがでしょうか?
      英語ができればどこでも対応はさらに簡単だと思います。
      僕越はvndirect証券を使っています。ほかにもサイゴン証券、FPT証券などいろいろあります。

      なお、ベトナム人の友人経由での取引はできると思いますが、
      奥さんでない限りは無用の金銭トラブルを生じる可能性が非常に高いのでおすすめはいたしません。
      お役にたてれば幸いです。

  2. 山田 より:

    こんにちは。
    ベトナム株全体のPERはどこで調べていますか?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ベトナムの銀行が合併を進めるのは不良債権比率問題とクロスオーナーシップ問題のため

ベトナムで再編中の銀行。その目的には不良債権対策とともに不正につながるクロスオーナシップの解消がありました。

富裕層になるとはこういうことか。中田敦彦のyoutube大学【マネーマシンの作り方】を視聴して。

最近、コロナがやっと気楽に思えてきたのか心のゆとりが出てきて、自分の成長に時間を使おうと思えるようになってきました。 そんなときに、あっちゃん(中田敦彦さん)のyoutube大学で富裕層へのなり方への …

ベトナム国営銀行は買収でどんどん強くなります

ベトナムには4つの国営銀行がありますが、VietnamNetでベトナム国営の3銀行の買収計画後のポジションの変化についての記事が出ていましたので、要約してみます。(元記事はVietnamnet &#8 …

初めてのベトナム株購入

VNダイレクト証券に口座を開設し、無事入金もすんだことから早速ベトナム株を買ってみることにしました。 僕越的ベトナム株投資のルールについてで書いたように、資金の80%を主要企業に、20%をこれからの企 …

ニュース証券のベトナム株レポートが詳しい

  ベトナム株式のまとまった情報を日本語で提供しているところは結構限られています。ベトナム語が堪能でないとベトナム語の中からまとまった情報を探すことはなかなか困難ですから、僕越の情報源も英語 …




何かと日本語情報の少ないベトナム現地事情について知りたい方はこちら
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

ハノイについて知りたいならこちら
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ

ベトナム株についての最新情報を知りたい方はこちら
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
ベトナム株取り扱い証券会社


ベトナム株ETF取り扱い証券会社


楽天証券で取引すると楽天ポイントがたまるので楽天ユーザーは要チェックです。