ベトナム語学習 下ネタ・オモシロ

ベトナム語で下ネタ3つ見つけてみた。

2015年5月16日

ベトナム語と日本語のはざまに生活しているといろいろと面白い間違いに出会います。

今回はその中で見つけたちょっとエッチな間違いを3つ集めてみました。

おいしいザボンは蜜の味

ハノイの西側、西湖(タイ湖)の西の通りを南に下ると、đường Bưởi(ブオイ通り)に出ます。

Chợ Bưởi(ブオイ市場)を中心としてこのあたりはブオイ坊と呼ばれるエリアになっており、そこを南北に突き抜けるように走っている通りです。

日本人の方が多く住んでいるホアビングリーンというアパートの最寄りの通りです。

また、日本料理店や日本大使館のあるキムマやリンラン通りからCiptra(シプチャ)やハノイ・ノイバイ国際空港へ向かう際によく使われるハノイのバイパスのような通りです。

この道の名前になっているBưởiの意味はベトナムでよく目にする果物、ザボンのことです。(英語ではPomelo)

ベトナムでは非常に一般的な果物でレストランで食後のデザートに出される冷えたザボンは最高です。

唐辛子入りの塩をつけて食べるおいしさに感動できるようになれば、一人前のベトナム通になったとも思える、あのザボンです。

さらに、ハノイ発のおしゃれカフェ、コンカフェのザボンジュースもシンプルなお味でおすすめです。

さて、このブオイ(Bưởi)

日本人には非常に発音が難しい言葉です。

なぜなら、おひげのついたưởは日本語に発音がないからです。

胸板を響かせながら出すような発音なので、発声に喉を使わない日本語の発音ではなかなか出せません。

ベトナム語を少し勉強したことのある人はきっとその難しさを知っていると思います。(ほかにもたくさん難しさがありますが)

というわけで、日本人のカタカナ語発音だとブオイになります。

これは、もろに○ん○ん(男性器)という意味になります。

果物とあれが紙一重なんて。

気をつけて使われるとよいでしょう。

さて、それではこの質問をするとどうなるでしょう?

Em có thích bưởi không? (エム・コー・ティック・ブオイ・コン?)

「あなたはザボン?が好きですか?」

もうわかりましたね。

あなたのベトナム語発音は、きっと日本人の発音であると思われます。

ベトナム人が聞くと「○ん○ん好き?」と聞かれていると思われ、羞恥されたり、馬鹿受けされたりすると思います。

レストランで食事をした際、食後にでてきた冷えて程よい甘さのザボンをかじりながら、あえて生真面目そうな女性に聞いてみる、というなかなか奥の深い楽しみかたもあるかもしれません。

ただ、意外と隠れゲイが多いというベトナム。

男同士で聞いて、微妙な雰囲気になってしまうかもしれませんので、ザボンを楽しむときには、気を付けて。

干からびた竹の子の秘密

ベトナムでは竹の子は気軽な野菜として食卓によく上がります。

Măng tươi(マン・トゥオイ)というのは竹の子の水煮のことで、市場に行けばよくみかけることができます。

ベトナムにはたくさんの種類の竹が自生していて、地域ごとの筍料理が食べられるのも、ベトナム料理の魅力です。

一方、日本ではおなじみのラーメンに入ってるメンマのように、干しタケノコも一般的です。

むしろ、フレッシュなタケノコより、こちらでは干し筍のほうがよく出てくるように思います。

この筍。ベトナム語では、Măng Khô(マン・コー)とよばれます。

もし下ネタの好きな女性と一緒の旅行だったならば、市場で見かけたら、おばちゃんにあえて何か聞いてみるのもいいでしょう。

聞き方は「カイナイラーカイジー(これは何ですか?)」です。語尾を上げないのがコツです。質問でもベトナム語は語尾を上げないんですよ。

で、このマン・コー、ハノイの美味しいストリートフードのひとつ、ブン・ビット(Bun Vit 鴨の麵料理)などを食べると上に添えられたりします。

女性も好きな料理ですので、狙って食べに行くのも面白いかもしれませんね。

まぁ、一般的に使う言葉でないので、下世話な男同士のほうが盛り上がるかもしれませんね。お土産にどうぞ

ラーメン一杯?

先日、家族で某とんこつラーメン屋さんにいったときのこと。

このハノイのとんこつラーメン屋さんは博多ラーメン。

開店した当初から人気店になり我が家でもよく行くお店です。

さて、そこでインターネットが使いたくなり、お店の人にパスワードを聞きました。

僕越「Wifiパスワード教えてください。」

スタッフ「そこの壁に書いてあります。ザーメンXXXXです。」

僕越「!!!!、、、、、、くっくっくっくっくっくっくっくっ。。。」

嫁(鉄拳制裁。ビシィ、バシィ、ドガッ)

という一件がありました。

ハノイでは、Ra,Ri,Ru,Re,Roの発音がザ・ジ・ズ・ゼ・ゾになります。

Rの発音がザ行なんですね。だから、Ramenと書いてあると、ハノイの人が普通に読むと○ーメンになってしまうんですね。

お店のお姉ちゃんに、ひとちゅ、ふたちゅ、といわれるのは非常にかわいいときもあり、ときにちょっとイラッとさせられるときもあるのですが、○ーメン一杯、といわれると困ってしまいますね。

さすがに注文のときに言われたことはないけど。

以上、下世話な下ネタをお知らせいたしました。

カラオケで使うもよし、仲良しのベトナム人にさらに突っ込んで聞いてみるもよし、ひそかに使って楽しんでみるもよし、ベトナムでの楽しいひとときを作り出すひとつのツールとして使っていただければうれしく思います。

なお、不適切な表現で不快になられるかたがいらっしゃいましたら、謹んでお詫び申し上げます。

最近は、日本でもベトナムの方が増えてベトナム語でお話したいという方が増えているように思います。

こちらで、下ネタではない使えるベトナム語フレーズを集めてありますので、ぜひ合わせてごらんください。

では、よい一日を!

-ベトナム語学習, 下ネタ・オモシロ
-, , ,