僕がベトナムに投資する理由

ベトナム株式、不動産、ビジネスへ育てる視点の長期投資とベトナム在住情報

*

ベトナムの長者番付2014年版トップ10に見るお金持ち像

      2015/11/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、ベトナムのお金持ちは超お金持ち、そして若いで、2012年の個人資産ランキングTOP10を紹介しました。今回、2014年版が公開されていましたので見て行きたいと思います。

 

ベトナムで一番有名な、WEB情報サイトVN Express。このニュースサイトでは

 

ベトナム個人資産家 TOP500

ベトナム女性個人資産家 TOP50

ベトナムお金持ち家族 TOP30

 

が2006年から毎年公開されています。

 

2014年のベトナムお金持ちTOP10はどういう方たちなんでしょうか?みていきましょう。

 

ベトナム2014年個人資産ランキング(VN Expressより)

1位 ファム・ニャット・ブオン(ビングループ
投資不動産・1968年生まれ・資産20,188Bドン

2位 ドアン・グエン・ドク(HAGLグループ
投資不動産・1963年生まれ・資産7,575Bドン

3位 チャン・ディン・ロン(ホアファットグループ
鉄鋼・1961年生まれ・資産6,159Bドン

4位 ファム・トゥ・フオン(ビングループ)
投資不動産・1969年生まれ・資産3,481Bドン

5位 ファム・トゥイ・ハン(ビングループ)
投資不動産・1974年生まれ・資産2,324Bドン

6位 グエン・ホアン・イエン(マーサン株式会社
食品・1963年生まれ・資産 2,176Bドン

7位 ブー・ティ・ヒエン(ホアファットグループ)
鉄鋼・生年不詳・資産1,886Bドン

8位 チュー・ティ・ビン(ミンフー水産グループ
水産業・1964年生まれ・資産1,834Bドン

9位 グエン・ズイ・フン(サイゴン証券パンパシフィックサービス、他)
証券、サービス・1962年生まれ・資産1,799Bドン

10位 レ・フォック・ブ(ホアセン鉄鋼グループ
鉄鋼・1963年生まれ・資産1,798Bドン

 

 

ビングループのブオンさんが2010年から4年連続一位

ビンコムタワーやロイヤルシティなどの大規模な不動産開発だけでなく、小売業のビンマートや病院のビンメックなどのサービス業にも大きく商圏を広げつつあるビングループ(VIC)。その会長のヴオン(Phạm Nhật Vượng)さんは、2010年にHAGL(ホアン・アイン・ザーライ)グループ会長のドクさんを抜いて以来、4年連続の首位をキープしています。しかも二位に3倍近い差をつけたダントツで。

 

2012年よりも3,000ビリオンベトナムドン以上増えた資産は、現在20,188Bvnd. 20兆1880億ドンです。

 

BIDVの今日の為替の売値が177.31ドン/1円で日本円に計算するとなんと1,138億円です。

妹さんと思われる家族2人もトップ10に入っている不動産長者の一家です。

 

60年代と70年代生まれが占めるトップ10

年齢が公開されていますが、TOP10に入っている人はすべて60年代、70年代の生まれです(一人だけ不詳。)

ベトナムの国際的な経済開放をすすめるドイモイ政策がはじまったのが1986年。当時、10代、20代だった若者が商機を見つけて挑戦したことがこの結果に結びついたのでしょうか。若いからこそ、変化に対して柔軟な姿勢でいられたのかもしれません。

今、日本は2020年のオリンピックに向けて経済的な盛り上がりを見せていますが、その後、日本がどのようになっていくのかは、今、10代、20代の若者がグローバルな視点で考えられるかにかかっていると思います。ここベトナムのホイアンでは、海外ビジネス武者修行プログラムで大学生の間にベトナムでレベルアップするで紹介した海外インターンシッププログラムがあります。就職活動前の時期に外国ではたらく経験、ものごとをなしとげる経験をして、若い人材が大学生のうちにベトナムとかかわってくれることはうれしいことです。ベトナムやアジアと日本との懸け橋になっていく若者が増えるとうれしいです。

 

次はIT起業家か?

ベトナムでは、多くの優秀な人材がITの分野に流れているといいます。ベトナムの一番優秀な若者がITエンジニアになっているといい、そのおかげでベトナムは多くの国からのオフショア開発の一大拠点として引き合いが多いといいます。FPT通信グループやベトテルをはじめたとしたIT企業が多くの優秀な人材を抱えています。今後、彼らが経験を積んでベトナムから世界へ発信しだしたときが楽しみです。FPTは、その未来を見据えて、ベンチャーキャピタルをこの5月に作りました。積極的に若い起業家をサポートするためだそうです。一攫千金を狙った若者の動向に目が離せません。

 

 

参考サイト
VN Express “Nguoi Giau 2014 TOP100”

 

 

<僕越メールマガジンのお知らせ>
このブログ「僕がベトナムに投資する理由」を運営しています僕越は、ハノイ在住ベトナム投資ウォッチャーとして毎週はじめに、メールマガジンを発行しています。
いつでも解除可能ですので、ぜひベトナム株、投資にご興味のある方はご登録ください。
僕越メールマガジンについて
僕越メールマガジン登録

また、僕越の気になるニュースやアイデア、ハノイでの日常は僕越facebookに随時アップしています。よければ、いいねでフォローください。
僕越facebookへ

 

<海外でホテルを予約するなら>
僕越は、普段は Agoda の画面が操作しやすいのでよく使っています。
最低価格保障のある ExpediaHotels.com も海外旅行者の間で人気です。

 - ベトナム基本情報, 市況・経済・証券制度 , , , , , , , , , , ,

Comment

  1. 石川允之 より:

    何時も為になる情報ありがとうございます。寅

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

今でしょ
ベトナムドン円のチャート

ベトナムドン円(VND/JPY)、円ベトナムドン(JPY/VND)、米ドルベトナムドン(USD/VND)のチャートの調べ方。最新情報を得られるリンクを掲載。

ベトナムは対中国というゲゼルシャフトに乗って長期的に飛躍する

対中国という観点でみると、日米のゲゼルシャフト、すなわち経済的利益を共有する仲間組織にベトナムが入っています。

僕越メールマガジンはじめます。

Tweet Tweet 僕越がブログをはじめて3ヶ月がたちました。 その間に、V …

中国証券市場の下落を背景としたベトナム市場の有望さがCNBCで取り上げられています

アメリカの投資情報ニュース・CNBCで中国株の下落を背景としたベトナム市場の有望さが語られています。その要約。

イギリスのEU脱却はベトナム経済にどんな不利益を与えるか

イギリスのEU離脱によるベトナム経済への影響について考えてみました。直接の影響よりも間接的影響のほうが怖そうです

ベトナム株式の情報をシェアする僕越facebookページをスタート

ベトナム株式に関連した情報をタイムリーにシェアするために僕越facebookページを開始することにしました。

バフェット指数で見るとベトナム株は始めどき

Tweet Tweet   いつもお気に入りのニュース証券のグエンとチ …

5月はベトナム株も売り時か

Tweet Tweet 「5月は株を売れ」は有名なアノマリーという格言のひとつ。 …

ベトナム北部の輸送量の伸びは年間10%が目標

ベトナム政府は北部エリアでの運輸量の伸びを年間10%と目標に掲げ、その実現のための計画を明らかにしました。

ベトナムのお金持ちは超お金持ち、そして若い

Tweet Tweet ベトナムは社会主義共和国とはいえ、近年、すばらしい経済発 …