僕がベトナムに投資する理由

ベトナム株式、不動産、ビジネスへ育てる視点の長期投資とベトナム在住情報

ベトナム投資のすすめ 市況・経済・証券制度

中国証券市場の下落を背景としたベトナム市場の有望さがCNBCで取り上げられています

投稿日:2015年7月19日 更新日:

アメリカの投資情報ニュースを取りあつかうCNBCのトピックで、「今、投資家をひきつけるアジア市場 – 中国株が滑り落ちる中で、より小さなアジア市場が投資家の注目を集めています。」というタイトルでベトナム市場の有望さが語られています。2015年7月9日のちょっと前の記事ですが、要約してみたいと思います。

元のニュース CNBC : Here’s the Asian market that excites traders now – As Chinese stocks slide, a much smaller Asian market is garnering investors’ attention. ->リンク先で英語ですが、動画も見られます。

 

—–

上海総合指数は、最近のセッションでドラマティックに落ち、6月中旬の高値から30%以上下落しています。しかし、中国株の暴落が続く中で、もうひとつのアジア国が投資家たちの新しいお気に入りになるかもしれません。ワラッチベスキャピタル・ETF取引ソリューションの副社長のエリック・マスティン氏によれば、その注目すべき新しいマーケットとはベトナムだそうです。

 

「私たちは、多くの法人顧客と話してきました。・・・彼らはベトナム株式について多くのことを聞いてきています。」とマスティンは火曜日の”トレーディングネーション”で話しました。

ベトナムはフロンティアマーケットから巨大な外国投資を呼び込むMSCI分類の新興市場に向かって前進していると、マスティンは中国に対してのベトナムについての比較を約1年前に行っています。最近では、ベトナムは、海外投資家の保有比率の上限引き上げによって外国人投資家の関心を招いています。このことはベトナム国内の投資家の関心も同様に引き付けています。

S&P(スタンダード&プアーズ)キャピタルIQの株式チーフ投資オフィサー、エリン・ギブス氏によれば、ベトナムは新興市場向けのS&Pダウジョーンズ指数への資格に近づいています。「ベトナムは非常に強いフロンティア国のひとつであり、とても簡単に新興市場の状況になることができます。」とギブスは火曜日の”トレーディングネーション”で語りました。

そして、アメリカの投資化にとってベトナムは今、もうひとつの利益があります。それは「多様化」です。

「国際的な新興市場マーケットに焦点を当てた投資家にとって聖杯の一種であるS&Pにはほとんど相関関係がありません。」とマスティンは述べます。

ベトナム市場へ参加したい投資家にはマーケット・ベクトル・ベトナムETF(VNM)を購入することを彼はすすめています。昨年の同期比で、このVNMは中国のETFであるFXIとASHRを大幅にアウトパフォームしています。

もちろんベトナム証券市場は全員に適したものではありません。ベトナムは、インフレの安定と一人当たりGDPの増加といういくつもの課題に焦点を当てる必要があります、とマスティンは述べます。

 

「証券コンサルタントのわれわれにとって、十分発展したと考えられるまでは、実際に取り扱うことはありません」と彼女はいいます。「そして、ベトナムはそこまでまだかなりの距離があります。」

ブラウン・ブラザース・ハリマンの新興市場ストラテジー、グローバル・ヘッドのウィン・シン氏は、投資家はベトナムのような投機的な市場への参加の前に、ギリシャ債権問題の不確実性や中国市場の暴落による最近の市場の混乱の終結を待つだろう、と述べています。(上海総合指数は木曜日に5.8%戻しました。)

「新興市場は、大きなプレッシャーのもとにあります。」「中国で何が起きているかはこのことの助けにはなりません」とチンはいいます。

この急落のあと、ベトナムの資産は魅力的かもしれない、と彼はいいます。しかし、年間GDPは1710億ドルは中国までへはまだ大分遠い道のりです。

「ベトナム市場はとても小さい。だからネクストタイランドというべきものだ」とシンはいいます。「しかしベトナムでは確かに彼らの実力に応じたことが起こっている。」

ステファニー・ヤン

——-

ベトナム株の有望さは、今、アメリカの投資家の中でも注目されているようですね。僕越ブログでもバフェット指数で見るとベトナム株は始めどきでベトナム株の展望についてとりあげていますので、あわせてごらんください。

 

 

<すごいふるさと納税みつけました。>
みなさん、ふるさと納税やっていますか?
納めなきゃならない税金で、返礼品がプレゼントされるなんて、素晴らしい制度ですよね。
でも、一番インパクトあるびっくりする返礼品ってなんでしょう?
僕越的なおどろきとふるさと納税のアイデアをこちらの記事で書きました。

【ふるさと納税】おどろきの返礼品。牛一頭もらうための納税額は?

さて、いくらでしょうか?
お正月の話のねたにどうぞ!

 

<海外でホテルを予約するなら>
僕越は、普段は Agoda の画面が操作しやすいのでよく使っています。
そのほかのホテル予約サイトのおすすめとしては、まず エクスペディア!評価やコメントなど情報が充実していて旅行情報なども手に入れやすいです。 Hotels.comはビジネスでも使いやすく出張者の間で人気でおすすめです。

-ベトナム投資のすすめ, 市況・経済・証券制度
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

2020年11月、ベトナムは紙のレッドインボイスから電子インボイスE-INVOICEへ完全移行へ

ベトナムで一般的だった面倒くさいレッドインボイス(赤紙) ベトナムでお仕事するといつもわずらわされるレッドインボイス(赤い領収書)。ベトナムで仕事の経費に算入するために、毎回レッドインボイスを取るのめ …

僕越メールマガジンはじめます。

僕越がブログをはじめて3ヶ月がたちました。 その間に、VNダイレクト証券にベトナム株式口座をつくり、実際に入金、株式投資をはじめ、ベトナム株式の面白さと魅力がさらに良くわかってきました。特に、今はベト …

マルチ商法がベトナムで増えているのは必然的

小さなチャンスと時間があればビジネスをはじめるのがベトナムの国民性。マルチ商法が広まらないわけがありません。

ベトナムドリームに便乗する

スペンサー・ジョンソン『チーズはどこに消えた?』に学んだ、ベトナムドリームへの便乗して豊かな人生を送る自信。

ベトナム北部の輸送量の伸びは年間10%が目標

ベトナム政府は北部エリアでの運輸量の伸びを年間10%と目標に掲げ、その実現のための計画を明らかにしました。




何かと日本語情報の少ないベトナム現地事情について知りたい方はこちら
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

ハノイについて知りたいならこちら
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ

ベトナム株についての最新情報を知りたい方はこちら
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
ベトナム株取り扱い証券会社


ベトナム株ETF取り扱い証券会社


楽天証券で取引すると楽天ポイントがたまるので楽天ユーザーは要チェックです。