僕がベトナムに投資する理由

ベトナム株式、不動産、ビジネスへ育てる視点の長期投資とベトナム在住情報

*

家族や恋人と一緒においしく楽しむベトナムビールの味とそのポテンシャル

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベトナムのビール

ベトナム旅行の醍醐味、アロマ香るベトナムビール

ベトナムを旅行するさいの醍醐味といえば、パクチーなどの香草が食欲をそそるベトナム料理。

そして、その食事に欠かせないのが、氷を浮かべて飲むオン・ザ・ロック・スタイルのベトナムビール

アロマが香る、さわやかな味わいのビールが多いのが特徴です。

 

冷蔵庫がまだ普及中のベトナムでは、レストランでもビールは冷えておらず、氷を入れて飲むのが一般的。だからベトナムビールはロックアイスを浮かべたときにベストコンディションになるように調整されているそうです。

日系のビールブランドで唯一ベトナムに工場をつくり、マーケット展開しているサッポロビールも、ベトナムで流通しているビールは氷を入れたときを想定して味を調整しているそう。オン・ザ・ロックのベトナム風の飲みやすいビールになれると、日本で市販されているビールはとても濃く感じて飲みにくくなるほどです。

 

ローカルのレストランではビールの価格はミネラルウォーターと同じか安いくらいで、価格を気にせずぐいぐいいけるのも魅力です。

 

ハノイビール(HABECO)

 

ちなみに僕越が奥さんと一緒に自宅で楽しむのは、大体HABECOのハノイビールか、SABECOの333(バーバーバー)ビールです。ローカルレストランで外食するときは、サイゴンスペシャルかハノイビールです。(ちなみに日本料理屋さんでは、やっぱりドラフトビールがおいしいので、サッポロドラフトかタイガードラフトをチョイスします。)

⇒Amazonで見る:ベトナムのビールの一覧

 

証券市場でも今、ビール会社があつい:立て続けの上場のSABECO、HABECO

ベトナムの証券市場でも、今、ビール会社が熱い視線を浴びています。サベコ、ハベコという南北の大きなビール会社が立て続けに上場されたからです。

 

南の大御所:サイゴンビール・アルコール飲料総公社、通称SABECO(サベコ)

サイゴンビール・アルコール飲料総公社(Saigon Beer Alcohol And Beverage)、通称SABECO(サベコ)は「バーバーバー(333)」や「サイゴンスペシャル(Saigon Special)」などの有名ブランドを展開する国内最大手ビールメーカーです。

2015年に27兆ドン(約1370億円)を売上げ、ベトナム国内で抜群の知名度を誇るサベコ。ベトナムで消費されるビールの半分以上を供給しています。

2016年12月6日にホーチミン証券取引所(HOSE)に上場、取引が開始されました。

SABECOホームページ

 

取引開始後、4日連続のストップ高で12月9日(金)の取引終了時点では16万1500VNDをつけています。理論株価として算出されていた15万7549VNDを追い抜く躍進です。

この好出発の背景は、主力商品のビールのもつ抜群のブランド力とともに浮動株の少なさがあげられるそうです。発行されている5.7億株のうち、約90%はまだSCIC(国家資本投資公社)が保有、さらに5%はハイネケンが所有していることから、まだ市場に出回っている流動株がかなり少ないようです。

 

⇒日本経済新聞より:越ビール最大手サベコ、6日に上場

…上場後、SCIC(国家資本投資公社)は市場価格をベースに戦略的提携相手を募集し、数カ月以内に決める見通しだ。…中略… 2008年に株式の5%をオランダのハイネケンに売却した。同社の買い増しが予想されるほか、日本のアサヒグループホールディングス、キリンホールディングス、タイのタイ・ビバレッジ、ブンロート・ブルワリーなども関心を寄せているとされる。

 

キリンビールはベトナム国内で出遅れていて、ほぼ知名度ゼロですし、アサヒビールはタイ工場からの輸入品がメインで価格も高く、一部のレストランでしか取扱がありません。だからサベコとの提携に大きな興味を示しているんですね。

理論株価を上回り、力強い上昇を見せるサベコ株。良い条件での戦略的提携相手との交渉がされそうです。

Viet-kabu:サイゴンビール・アルコール飲料総公社

 

北の大御所:ハノイビール・アルコール飲料総公社、通称HABECO(ハベコ)

ハノイビール・アルコール飲料総公社(HANOI BEER ALCOHOL AND BEVERAGE)は、通称HABECO(ハベコ)。「ハノイビール(Hanoi Beer)」や「チュック・バック・ビール(Truc Bach Beer)」をブランドとして持つハノイ周辺で強いビールブランドです。

HABECOホームページ

株式はベトナム店頭証券取引所(UPCoM)に2016年10月に上場しました。また、サベコ同様、ホーチミン証券取引所への上場も検討されています。

SCIC(国家資本投資公社)は82%を保有していますが、2016年中に関心のある会社へ全部譲渡される予定になっています。

Viet-kabu : ハノイビール・アルコール飲料総公社

 

若い人口と経済発展が引っ張るベトナムビール市場

ASEANDNAビール消費量2013

ASEAN DNAより 2013年のビールと蒸留酒の消費量

 

これは2013年の東南アジアASEAN各国の一人あたりビール消費量です。ベトナムは一人あたり1.1リットル。ベトナム人女性はほとんどお酒を飲まないので、飲酒人口で割ると一位のタイを抜いて東南アジア随一のビール消費国ではないでしょうか。

そんなベトナムのこれからのビール市場がさらに熱いと考えられる理由はいろいろあります。

1.未開拓の女性市場

ベトナム人女性はほとんどビールを飲みません。が、日本と同じように社会の変化とともに女性もお酒を飲むことが一般的になってくるのではないでしょうか。

2.勢い良く伸びる観光業界

ベトナムの観光業界はいますごい勢いで発展しています。街中で増えた外国人の姿がその勢いを象徴しています。ベトナム料理と一緒に飲むベトナムビールは楽しみのひとつですので、観光の伸びと比例して消費量は伸びるのではないでしょうか。

3.まだまだ低い平均年齢

2015年のベトナム国民の平均年齢は30歳。これからも続くであろう経済発展とビール好きの国民性が、ビール会社の堅実な発展を保証しているように見えます。

4.まだまだ安い販売価格

ベトナムビールの値段は安く、僕越がいつも買っているハノイビールや333の缶ビールは一本10,000ドン(約50円)で買えます。さらに17,000ドン(約85円)出せばハイネケンやサッポロのビールが買えます。クオリティとバラエティで付加価値をつけて高価格帯の商品を生み出すこともできる余地があると思います。

 

週末、家族や恋人とベトナムビールを飲んでベトナムネタで盛り上がりませんか?

さて、このブログを読んでくださっている皆様は、ベトナムへの投資に興味のある方やベトナムとの関係がある方だとおもいます。ベトナムビール、どうでしょうか?

 

もちろん、ベトナムへ来て、こちらでいろいろなビールを楽しんでもらうのが一番です。

直行便でも安いツアーなら3万円台からありますので、海外旅行先としてのコストパフォーマンスは抜群です。

JTBで海外ツアーを検索してみる

 

でも、わざわざベトナムまで行かなくても、週末のお休みや年末の里帰りの際など、家族が集った際やおうちデートのときに、ベトナムビールで乾杯、なんていうのも話のネタに良いと思います。

僕越のおすすめビールは333(バーバーバー)。日本では一本250円~300円ほどで買えますのでアマゾンや楽天のポイントが溜まっていれば試してみては?

Amazonで333もしくは楽天で333

爽やかな飲みくちは女性にも飲みやすいですし、「バーバーバー」という響きも楽しいです。さらに氷を入れたベトナム風の飲み方も試してみれば、一番美味しい状態のベトナムビールを飲むことができます。(ロックアイス風の氷が作れるトレーもあります。)

 

おすすめするビールのおつまみはベトナム産カシューナッツ。

⇒Amazon:ベトナム産カシューナッツ

食物繊維が豊富で優れた美容・健康効果があるとともに、子供たちにも大ウケ間違い無し。たくさん含まれている亜鉛にはカルシウムの吸収率を高める効果があるので、育ち盛りの子供や骨粗しょう症予防として女性や高齢の方にもおすすめです。

 

 

ベトナムのポテンシャルの一端をになうベトナムビール。

この話題を家族、恋人と共有するネタにして、よい休日を過ごしてもらえれば、僕越としてもとてもうれしいです。

もし、近くにベトナム人がいればさらに盛り上がること間違いありません。

 

その場合はこちらで、盛り上がりベトナム語フレーズもおさえておいてくださいね。

ベトナムで人気者になるために知っておきたいベトナム語フレーズ11選

 

では!乾杯!

 

 

<ベトナム株を日本ではじめるならSBI証券>
僕越が15年以上の間、メインの証券口座としてつかっているのがSBI証券 とても使いやすい上に、投資信託も500円から積み立て購入できる小回りの効く証券口座です。ベトナム株やFXも取り扱っており、投資初心者に自信をもってすすめられる口座です。

 - より深く知るベトナム, 食品株 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

虫下し「Fugacar」、1週間の経過報告をハノイから

ベトナム生活で必須の寄生虫対策。ハノイで虫下しFugacarを飲んでから一週間が経ちました。その間の体調の変化をレポート。

海外ビジネス武者修行プログラムで大学生の間にベトナムでレベルアップする

大学の夏休み、春休みに海外旅行の代わりにベトナムでのインターンを通して社会経験をつむというのはどうでしょう?

海底インターネットケーブルの切断ふたたび。。

Tweet Tweet もはや、ベトナムでは定期的なイベントとなったような感じの …

マルチ商法がベトナムで増えているのは必然的

小さなチャンスと時間があればビジネスをはじめるのがベトナムの国民性。マルチ商法が広まらないわけがありません。

ビナミルクとマサン:ニュース証券のレポートから

Tweet Tweet ニュース証券のビナミルクのレポートは一読の価値があります …

SARSからハノイと世界を救ったカルロ・ウルバニという医師

2003年SARSという恐ろしい新型肺炎の世界流行を最前線で食い止めたハノイにいたイタリア人医師カルロ・ウルバニのお話です

土木学会賞をとったニャッタン橋の壮麗なデザイン

ハノイ国際空港から市内に入る際に紅河(ホン河)に架かるとても壮麗なデザインのニャッタン橋(日越友好橋)のお話

寄生虫をやっつけろ。虫下しの目安はベトナムでは年二回

ハノイ生活では生野菜をよく食べます。ベトナム政府が年二回の寄生虫対策を推奨しているので虫下しを飲みました。

Bike
ベトナムすごいブログ:その1

Tweet Tweet ベトナム在住者・滞在者の中にはブログで積極的に情報発信し …