僕がベトナムに投資する理由

ベトナム株式、不動産、ビジネスへ育てる視点の長期投資とベトナム在住情報

*

バフェット指数で見るとベトナム株は始めどき

      2015/11/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

いつもお気に入りのニュース証券のグエンとチョウとバタやんのベトナム株式セミナー。第4回の今回は、前半がニュース証券の株式取引の方法の変更についてから始まります。それはさくっと流して、その後の1:30から興味深い内容がはじまるので、そこからごらんいただければいいと思います。

 

 

ベトナムの株式取引は30代のサラリーマンに広がっているそう

「ベトナムの株式投資の主体は30-40代の人が多く、さらに最近では30代のサラリーマンが増えてきているそうです。教育水準の高い若者がfacebookなどのソーシャルネットワークと通して情報を収集し、キャピタルゲイン(値上がり益)を狙っているそうです。」

 

ベトナムでは銀行にお金を預けるのに、何で得たお金かを証明する必要があり非常に銀行への入金が面倒くさいです。ですからグレーなお金は金庫に保管されたり物に換えたりされるので、証券取引を通じて投資にまわるお金、というのは実際に市場に出回っているお金に対して大分小さいのではないかと思っています。しかし、一般のサラリーマンの給料から株式投資にお金が回りはじめたということは、ベトナム国民がベトナムやベトナム企業の将来性に投資しているということです。

これからもベトナムは安定して発展する、と若い人たちが考えているというのはとてもうれしいことですし、だからこそ安心して投資ができるとも思います。

 

名目GDPと時価総額の関係について

4:30から小幡さんの興味深いコメントが入ります。

「東証の時価総額が591兆円を超えて話題になりました。対してホーチミン証券取引所の時価総額は約2兆円です。外国人の売買に占める割合は約15%程度です。」

 

ここで気になったのはホーチミン証券取引所の時価総額は約2兆円ということ。

投資の神様ウォーレン・バフェットが愛用しているとされるバフェット指数というものがあります。名目GDPと上場株式の時価総額の総和を比べるもので、時価総額が名目GDPを上回ってくると相場に過熱感が出てきたと考えることができるそうです。逆に乖離が大きければ割安という風にもいえるそうです。

世界経済のネタ帳によれば2015年のベトナムの名目GDPは推定で2,045億ドル(約25兆円)。時価総額と比べるとまだ8%程度です。対して日本のほうは名目GDPが42,103億ドル(約526兆円)。現在の東証の時価総額591兆円を超えているということでしたよね。

大変盛り上がっている日本株式市場ですが、すでにずいぶんと加熱しているのかもしれません。もちろん、日系企業の中には海外で稼いでいる企業が多くなっていますので、一概に名目GDPを超えたからやばいということは無いと思いますが、日本に所有している株は一部処分しておいたほうがよいかもしれません。

 

割安なベトナム株に興味を持ったら

バフェットの指標で見てみるとベトナムは相対的にみてけっこうな割り安な状況にあると言えるのではないでしょうか。

ベトナム株に興味をもったら、まず手始めに一度ベトナムを旅行されてみてください。都市の香り、人々のしぐさや表情、国民性をみて、親近感を持って投資に取り組めば、長い目でこの国の発展を楽しみながら見ていられることができるような気がします。

 

 

<僕越メールマガジンのお知らせ>
このブログ「僕がベトナムに投資する理由」を運営しています僕越は、ハノイ在住ベトナム投資ウォッチャーとして毎週はじめに、メールマガジンを発行しています。
いつでも解除可能ですので、ぜひベトナム株、投資にご興味のある方はご登録ください。
僕越メールマガジンについて
僕越メールマガジン登録

また、僕越の気になるニュースやアイデア、ハノイでの日常は僕越facebookに随時アップしています。よければ、いいねでフォローください。
僕越facebookへ

 

<海外でホテルを予約するなら>
僕越は、普段は Agoda の画面が操作しやすいのでよく使っています。
最低価格保障のある ExpediaHotels.com も海外旅行者の間で人気です。

 - ベトナム投資のすすめ, 市況・経済・証券制度 , , , , ,

Comment

  1. より:

    いつも、見させていただいています。
    内容がわかりやすく素晴らしいです。
    私も少しだけベトナム株を買っています。
    まだ外人の買いも少なくて、これから
    楽しみだと思っています。
    今日の記事を見てベトナムに行って
    みたくなりました。

    • 僕越 より:

      み さん

      ありがとうございます。そういっていただけるとうれしいです。
      ベトナムに住んでいると日本ではありえないことがいろいろおこります。
      でも、その状況を楽しめれば、ご飯もおいしいし、安全だし、すこしだけでもベトナム語がしゃべれれば親切な人が多いし、日本が好きな方も多いし、という感じでとても楽しい国です。
      ぜひ、一度時間をとって足を伸ばされてみてください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

TPPによってベトナムが各国の中国への経済的依存を改善する

TPPの発効によって、世界が中国への経済的依存を深めるのをベトナムがバランスさせるのに役にたちます。

ベトナム株式・マーケットでの注文の種類

Tweet Tweet ベトナム株式を注文する際、あまり聞いたことのない、いくつ …

5月はベトナム株も売り時か

Tweet Tweet 「5月は株を売れ」は有名なアノマリーという格言のひとつ。 …

VN30indexとは何か

Tweet Tweet ベトナム株式にはいくつかの指標がありますが、その中のひと …

初めてベトナム株で配当をもらって考えたこと

Tweet Tweet 4月にベトナム株口座ができてから1ヶ月強。ベトナム株式と …

僕越メールマガジンはじめます。

Tweet Tweet 僕越がブログをはじめて3ヶ月がたちました。 その間に、V …

ベトナムの長者番付2014年版トップ10に見るお金持ち像

Tweet Tweet 以前、ベトナムのお金持ちは超お金持ち、そして若いで、20 …

HNX30indexとは何か

Tweet Tweet 今回は、ハノイ証券取引所のHNX30indexについて紹 …

マルチ商法がベトナムで増えているのは必然的

小さなチャンスと時間があればビジネスをはじめるのがベトナムの国民性。マルチ商法が広まらないわけがありません。

ベトナム北部の輸送量の伸びは年間10%が目標

ベトナム政府は北部エリアでの運輸量の伸びを年間10%と目標に掲げ、その実現のための計画を明らかにしました。