僕がベトナムに投資する理由

ベトナム株式、不動産、ビジネスへ育てる視点の長期投資とベトナム在住情報

「 経済発展 」 一覧

国を支えるもの。日野自動車のベトナム正規代理店、チュオンロン自動車(HTL)

日野自動車の正規販売代理店チュオンロン自動車はトラックやバスなどの日野ブランドをベトナムで販売しています。

ベトナムは対中国というゲゼルシャフトに乗って長期的に飛躍する

対中国という観点でみると、日米のゲゼルシャフト、すなわち経済的利益を共有する仲間組織にベトナムが入っています。

マルチ商法がベトナムで増えているのは必然的

小さなチャンスと時間があればビジネスをはじめるのがベトナムの国民性。マルチ商法が広まらないわけがありません。

TPP成立で最も恩恵を受ける国はベトナムらしい

TPPが成立すると一番恩恵を受ける国はベトナムではないかといわれています。どうしてでしょうか?

中国証券市場の下落を背景としたベトナム市場の有望さがCNBCで取り上げられています

アメリカの投資情報ニュース・CNBCで中国株の下落を背景としたベトナム市場の有望さが語られています。その要約。

ベトナム株の外国人枠上限撤廃に備える

当ブログの運営者、僕越が毎週発行している僕越メルマガ。そのなかで僕越のベトナム投資関係の巡回リストの中から必見情報やレポートをご紹介しています。   日本アジア証券のレポートで外国人規制上限 …

ベトナムドリームに便乗する

スペンサー・ジョンソン『チーズはどこに消えた?』に学んだ、ベトナムドリームへの便乗して豊かな人生を送る自信。

ベトナム国営銀行は買収でどんどん強くなります

ベトナムには4つの国営銀行がありますが、VietnamNetでベトナム国営の3銀行の買収計画後のポジションの変化についての記事が出ていましたので、要約してみます。(元記事はVietnamnet &#8 …

ベトナムを代表する10社:MSCI Vietnam Index 2015

  世界経済の比較のため、MSCI(Morgan Stanley Capital International)は各国の株式市場を参考に国別に経済指標を出しています。ベトナムを図っているものは …

今でしょ

今でしょ!ベトナム投資のすすめ

  このブログをはじめたのは、ちょうど2015年のテト正月休み。 これまで5年以上ベトナムで住んできて、この国のかたちについていろいろな面が多角的に見えるようになってきました。すでに人生の1 …




何かと日本語情報の少ないベトナム現地事情について知りたい方はこちら
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

ハノイについて知りたいならこちら
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ

ベトナム株についての最新情報を知りたい方はこちら
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
にほんブログ村
ベトナム株取り扱い証券会社


ベトナム株ETF取り扱い証券会社


楽天証券で取引すると楽天ポイントがたまるので楽天ユーザーは要チェックです。