僕がベトナムに投資する理由

ベトナム株式、不動産、ビジネスへ育てる視点の長期投資とベトナム在住情報

*

ベトナムでは火事が怖いので自己対策を考えたほうが良いと思うわけ

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<僕越メールマガジンのお知らせ>
このブログ「僕がベトナムに投資する理由」を運営しています僕越は、ハノイ在住ベトナム投資ウォッチャーとして毎週はじめに、メールマガジンを発行しています。
いつでも解除可能ですので、ぜひベトナム株、投資にご興味のある方はご登録ください。
僕越メールマガジンについて
僕越メールマガジン登録

また、僕越の気になるニュースやアイデア、ハノイでの日常は僕越facebookに随時アップしています。よければ、いいねでフォローください。
僕越facebookへ

カラオケとレストラン銀座の火災(vneconomyより)

カラオケとレストラン銀座の火災(vneconomyより)

 

ベトナムの建物は燃えないコンクリートとレンガで出来ています。普段は湿度も高く、しっとりした空気のため、ベトナムって火事が少ないのね~と思っていました。しかし、最近はそうでもないようです。

しかも、火災が起きると大惨事になる可能性があります。なぜでしょうか?

 

ハノイの有名日本食レストラン銀座が燃えました。

2016年11月1日午後二時ごろ、ハノイ市西側、コウゼイ公園近くにあるチャンタイトン通りの9階建てカラオケ店から出火しました。トップの写真のように周辺の建物にも延焼し、隣にあった有名日本食レストラン銀座も全焼しました。

⇒ニュースメディア:tuoi treの記事

 

このへんは、日系企業が多いわりに日本料理店が少ないので、銀座は日本人のお客さんも多いレストランだったと思います。

火元になったカラオケ店は新しいお店で、建物全面に大きな看板を設置していました。

この看板の根本、2階付近での溶接作業から出火し建物に延焼。消防検査を受ける前でカラオケ店の営業許可が出ていないにもかかわらず営業を始めていたのが、13人もの被害者を出した原因でした。しかも、消火設備の設置がまだ終わっていなかったそう。

出火したのが午後二時だったので、まだ被害が少なかったといっても良いでしょう。夜だったらカラオケももっと人が入り、銀座もお客さんが入っていたと思われるので、日本人も含めてより被害が大きくなった可能性もあります。

 

お店を見立たせるための外部の大型看板はベトナムのカラオケ店の特徴です。

燃える前の風景(tuoi treから)

燃える前の風景(tuoi treから)

 

この写真の星の付いた建物が燃えたカラオケ。その左側のルーバーの付いた建物が銀座レストランです。このカラオケの看板が勢い良く燃えたのだと思います。右側の交差点のカラオケも看板が全面についていて、ここまで延焼してたらと思うと。。。。

この事件を受けて、ハノイ市は防火確認のため、全カラオケ店を一時休業させました。

今では、ハノイのカラオケ店は軒並み看板を外し、避難用の出入り口を確保し直しています。建物本来のバルコニー付きの外観が見えるようになり、若干、街並はすっきりとチャーミングに。

 

逃げるところが無いベトナムの建物

ベトナムの建物は逃げるところがあまり無いことが多いです。ベトナムは土地の値段が高いため、狭いところでも敷地いっぱい建物を立てるからです。しかも8階建て、9階建ては当たり前です。

三方が隣接建物で埋まってしまうため、前面と屋上しか空いていない建物もしばしば見られます。悪くすると貴重な外部への出入り口となるはずの屋上や窓にも泥棒対策のため鉄格子がついていたり、鍵がかかっていたりするかもしれません。

こんな状態で前面についた大きな看板が燃えたら、正直アウトだと思います。

 

また、道が狭いところに路上駐車していたり、野次馬も多かったりして、消火活動もなかなか大変そう。日本の消防隊員のように火災に対応する訓練をどれだけしているのかもよくわかりません。

 

燃えるものの増えているベトナムの建物

最近は、室内も装飾が増えたり家具が増えたりして、建物内にも可燃物が増えています。特にベトナムの家庭は日本にも増してモノが多い。

今回は看板工事からの出火でしたが、漏電での火災も増えています。ホコリが多く湿度が高いハノイでは、漏電は本当に起こりやすく危ないです。実際、僕越が家族でよく使っていたベビー用品店は漏電が原因で全焼してしまいました。ネズミがかじったり、中国から輸入された粗悪な電線が原因になることもあるそうです。

オフィスも書類など燃えるものの多い場所の一つですが、ガラス張りの建物では上下階が窓の隙間でつながっていたりすることも多く、下階から火が回ってくることもあるかもしれません。

 

住宅やオフィスを選ぶときには火災時にどうなるかの想定をする

そんなベトナムのハノイやホーチミン市内で住宅やオフィスを選ぶ際には、内見時に下記のことを気をつけて見ることが大切だと思います。

1.火災時に十分逃げられるところがあるか。

2.下階から火が回ってくるようなつくりになっていないか?(窓や看板などの可燃物)

 

火災時には停電になりますし、子供を連れての避難はいろいろと大変ですから、家族で高層棟に住むことは僕越としては正直オススメできません。

また、以前記事にも書きましたが、ハノイではもしかの地震もあるかもしれませんので、住宅は低層階が良い気がします。

ベトナムで大震災?非常時のために備えておきたい7つのこと

また、ハノイの旧市街にあるホテルは間口が狭く背が高い、火災時に危なそうな建物であることもあります。ホテルに泊まる際も、念のため避難路を確認しておいたほうが良いでしょう。

 

<海外でホテルを予約するなら>
僕越は、普段は Agoda の画面が操作しやすいのでよく使っています。
最低価格保障のある ExpediaHotels.com も海外旅行者の間で人気です。

 

<ベトナム株を日本ではじめるならSBI証券>
僕越が15年以上の間、メインの証券口座としてつかっているのがSBI証券 とても使いやすい上に、投資信託も500円から積み立て購入できる小回りの効く証券口座です。ベトナム株やFXも取り扱っており、投資初心者に自信をもってすすめられる口座です。

 - ベトナム生活 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

夏川りみの童神にほろりとくるハノイ海外子育ての夜

夏川りみの歌う童神(わらびがみ)を聞いていると親が子供を思う心というのが、海外にいることもあり心にしみてきます。

海外生活の夫婦仲を癒す、いきものがかり「ありがとう」

ストレスの多い海外生活。夫婦でいきものがかりの「ありがとう」を聴いて感謝のこころを伝えて乗り越えましょう。

赤ちゃん・子供と一緒のベトナム駐在・必需品リスト

ベトナムや東南アジアに赤ちゃん・子供と駐在になった時のための必需品リスト。快適な海外生活をお過ごしください。

ANA60周年のコピーに添えて僕越から新年のご挨拶

2016年、僕越からの新年のご挨拶をANAが2013年に掲載した60周年のキャッチコピーの熱いメッセージとともに送ります。

ハノイの日本大使館に婚姻・出生証明書をとりにいってきた

家族のベトナムのテンポラリーレジデンスカード(ビザ)の手続きに必要な婚姻証明書と出生証明書を日本大使館で申請。

ハノイの夜にゴキブリナイト。。。

Tweet Tweet <僕越メールマガジンのお知らせ> このブログ「僕がベトナ …

ベトナムで大震災?非常時のために備えておきたい7つのこと

ハノイ在住6年間に体に感じるほどの地震は2回ありました。ベトナムでのまさかの震災のために備えておきたいこと。

ベトナムで凄いカレンダーを見つけて家族愛を強める方法を思いついた

ベトナムで見つけたすごい会社カレンダーを見て、海外駐在でもできる親孝行についてアイデアがうかびました。

咳が止まらないのでネブライザーで鼻、潤してます

ハノイで季節の変わり目に引いた風邪のあと後鼻漏になったようで咳と痰がとまらず、ネブライザーを買ってきました。

寄生虫をやっつけろ。虫下しの目安はベトナムでは年二回

ハノイ生活では生野菜をよく食べます。ベトナム政府が年二回の寄生虫対策を推奨しているので虫下しを飲みました。