僕がベトナムに投資する理由

ベトナム株式、不動産、ビジネスへ育てる視点の長期投資とベトナム在住情報

*

マルチ商法がベトナムで増えているのは必然的

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベトナム人は、ビジネスが大好きです。とにかく、みんななんらかの小さな商売を持っているといっても過言ではありません。家の端っこのすきまで始めるショップや、道端で開くお茶やさん、肉まんやさん。家族や親戚にキャビンアテンダントがいたらジャパンショップやコリアンショップをはじめたりと、小さなチャンスと時間があればビジネスをはじめるのがベトナムの国民性。

 

マルチ商法はベトナム人の気質にあっている

化粧品なども、友達から買うというベトナムでは、口コミでの買い物が盛んです。近所の人から、あやしい日本語のかかれた日本製といわれている健康茶やダイエット食品をどうやって使うんだと聞かれたことも多くあります。そういうのは大体、友達から買ったというものでした。

ですから、健康食品や高級化粧品、美用品や日用品の多いマルチ商法は、ベトナム人の気質やビジネス慣習にとってもあっているように見えます。ですから最近ではマルチ商法の会員や取引がだんだん増えているそう。

VIET-JO:マルチ商法、売上高急増も悪質業者の不正取引相次ぐ

「ベトナムマルチ商法協会によると、全国でマルチ商法により取り引きを行う人の数は2006年の5.1倍にあたる120万人に達しているという。」ベトナムマルチ商法のメインは機能性食品だそうで、登録されている80%の企業が取り扱っているそう。

2013年の売上高は、6兆4470億VND(約329億円)と、まだ、タイやマレーシアの10分の1程度。とはいえ、社会主義国家でマルチ商法が広まっている背景には、ベトナム人気質やビジネス慣習との相性があっているということが理由ではないかと思います。

 

空港でよく目にするアムウェイ

特にベトナムに来たころ、びっくりしたのが、ホーチミンでもハノイでも空港で大々的に広告されているAMWAYの認知度。街角でも、多くのヘルメットにアムウェイのロゴが見られます。おそらく、相当の広告料を投じてベトナム市場を一番のりに開拓しようということだと思います。6年たったいまでも、空港の一番の広告企業はamwayです。

 

政府が取り締まらない限り拡大はすすみそう

先ほど、参照した記事には、「悪質業者の不正取引も相次いでおり、国内ではマルチ商法を懐疑的に見る意見が依然として多いのが現状だ」との締めくくりがあります。

まだまだマルチ商法で扱われている商品がベトナムの物価と比べて高く、その値段の高さがまだ一般の人には気軽に利用できるものではありません。しかし、基本的なビジネス慣習がマルチ商法に適しているベトナムでは経済的な盛り上がりとともに、マルチ商法の取引は大きく増えると思います。ベトナム政府が取り締まらない限りは。

<海外でホテルを予約するなら>
僕越は、普段は Agoda の画面が操作しやすいのでよく使っています。
最低価格保障のある ExpediaHotels.com も海外旅行者の間で人気です。

 

<ベトナム株を日本ではじめるならSBI証券>
僕越が15年以上の間、メインの証券口座としてつかっているのがSBI証券 とても使いやすい上に、投資信託も500円から積み立て購入できる小回りの効く証券口座です。ベトナム株やFXも取り扱っており、投資初心者に自信をもってすすめられる口座です。

 - より深く知るベトナム, 市況・経済・証券制度 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

SARSからハノイと世界を救ったカルロ・ウルバニという医師

2003年SARSという恐ろしい新型肺炎の世界流行を最前線で食い止めたハノイにいたイタリア人医師カルロ・ウルバニのお話です

5月はベトナム株も売り時か

Tweet Tweet 「5月は株を売れ」は有名なアノマリーという格言のひとつ。 …

ベトナム株式の情報をシェアする僕越facebookページをスタート

ベトナム株式に関連した情報をタイムリーにシェアするために僕越facebookページを開始することにしました。

ベトナム株が好調です。上値突破で青天井状態。

Tweet Tweet ベトナム株が熱いです。 なぜなら、ベトナムの株価指数VN …

ベトナムは対中国というゲゼルシャフトに乗って長期的に飛躍する

対中国という観点でみると、日米のゲゼルシャフト、すなわち経済的利益を共有する仲間組織にベトナムが入っています。

海底インターネットケーブルの切断ふたたび。。

Tweet Tweet もはや、ベトナムでは定期的なイベントとなったような感じの …

HNX30indexとは何か

Tweet Tweet 今回は、ハノイ証券取引所のHNX30indexについて紹 …

ベトナム株を取り扱っている日本の証券会社

Tweet Tweet ベトナム株を取り扱っている日本の証券会社はそれほど多くあ …

寄生虫をやっつけろ。虫下しの目安はベトナムでは年二回

ハノイ生活では生野菜をよく食べます。ベトナム政府が年二回の寄生虫対策を推奨しているので虫下しを飲みました。

TPP成立で最も恩恵を受ける国はベトナムらしい

TPPが成立すると一番恩恵を受ける国はベトナムではないかといわれています。どうしてでしょうか?